江戸東京古刹巡り(目黒世田谷地区、2019.12.12)

 今回は目黒・世田谷地区で未だ参拝していない四寺。 <祐天寺>  東急東横線祐天寺駅から歩くこと10分で祐天寺。山門近くに七つの建物が登録有形文化財指定の看板。そのためか、本堂など建物が免振装置の上に載っているようで、建物の下に隙間が見える。こんな金をかけているお寺は初めて。仁王門、地蔵堂、阿弥陀堂、鐘楼と江戸時代を残しているようだ…
コメント:0

続きを読むread more

江戸東京古刹巡り(南千住近辺)

 都心に出かけた序に南千住の古刹巡り。地下鉄日比谷線南千住駅が出発地。 <延命寺>  南千住駅南口の前が延命寺の入口。山門はなくすぐに「首切り地蔵」が目に入った。この寺は小塚原刑場に関係する寺の一つで、刑死した人を供養する目的で作られたお地蔵さん。元々は次に訪問する回向院にあったとのこと。 <小塚原回向院>  本所回向院…
コメント:0

続きを読むread more

江戸東京古刹巡り(都心北部 2019/12/5)

 今回は都心北部巣鴨から王子までの四寺。この辺りは、以前一度散策したことはあるが、今回はその時訪れなかった場所に。最初は、JR山手線巣鴨駅から歩いて15分染井霊園の傍にある勝林寺。 <勝林寺>  ここには、江戸時代中期の幕府老中の田沼意次の墓がある。田沼意次は「賄賂」で有名であるが、実際は経済体制を武家中心から商工中心に持って行った…
コメント:0

続きを読むread more

横浜北部地区遺跡散策(2019/11/21)

 神奈川県内遺跡探索の一環として今回は横浜北部地区の遺跡を訪れた。  最初に訪れたのは、東急田園都市線市が尾駅から歩いて20分の場所にある「稲荷前古墳群」。横浜市内で、最も古い古墳(4世紀後半)もあり、前方後円墳、前方後方墳、方墳、円墳、横穴墳と各種古墳が存在するという。住宅街近くの小高い丘に分布していたが、残念ながら、形は崩れ原形を…
コメント:0

続きを読むread more

江戸東京古刹巡り(城東地区 2019/11/14)

 天気に恵まれ江戸古刹巡り。今回は城東地区(江戸川、葛飾、足立区)の4寺。先ず瑞江駅(都営地下鉄新宿線)から歩いて10分ほどにある大雲寺。元々は蔵前にあったらしいのだが火事や関東大震災などの後この場所に移転してきたとのこと。江戸時代から歌舞伎役者の菩提寺として有名で「本所押上の役者寺」と呼ばれていたとのこと。歌舞伎役者の墓には興味が無い…
コメント:0

続きを読むread more

コーカサス三ヵ国旅行記(10)エレバン ホテル周辺散策

 アルメニア首都エレバンのホテル周辺を早朝散策。ホテルは、首都の比較的中心部に近い南西部に位置し、周辺には各種施設が存在していた。ホテルの部屋は南向きに大きな窓があり、空港方向の眺望が望めた。窓から、右手に特徴ある建物を確認。後で、ガイドブックなどで調べると、エレバン・コニヤック工場とのこと。ヤルタ会談の折、チャーチルが飲んで気に入り…
コメント:0

続きを読むread more

江戸東京古刹巡り(6)(麻布地区の三寺 2019/9/7)

 国立新美術館開催中の「日展」を鑑賞した後、近隣の古刹三寺を探訪。  まず、美術館から約2㎞の善福寺へ。途中道を間違えて時間をロスしたが何とか辿り着いた。参道の右手に「弘法大師」が湧き出させたという「柳の井戸」が、今も地下水を湧き出していた。山門をくぐると立派な本堂、右手には「親鸞」由来の銀杏の巨木、幕末のアメリカ公使館がこの場所にあ…
コメント:0

続きを読むread more

コーカサス三ヵ国旅行記(9)アルメニア北部観光

 ジョージアとアルメニアの国境でも、バスを降り歩いて橋を渡り、国境越。スーツケース等の荷物はタクシーで運んでくれた。出国入国審査は簡単に終了。手続き終了後、アルメニアのバスに乗って出発。ここのバスも、外観は奇麗だが少々古く中古の様だ。  この国に入って一時間程は、悪路の連続でバスはゆっくりと進む。国境付近は昔は銅鉱山(?)で栄えたらし…
コメント:0

続きを読むread more

横浜美術館に出かけた(2019/19/23)

 秋梅雨の合間晴天に誘われて、横浜美術館で開催中の「オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」展に出かけた。オランジュリー美術館は20年以上前に見学したが、記憶に残っているのは壁一面に飾られた「モネの睡蓮」。今回見ることが出来た絵画の記憶は全くない。今回の展示作品は画商ポール・ギョームのコレクション作品…
コメント:0

続きを読むread more

秦野史跡散策(2019/10/10)

 思いついて秦野市内の史跡散策に出かけた。最初は小田急線渋沢駅から歩いて1.5㎞の”秦野市立桜土手古墳公園”。近隣はテクノパークで工場が多い。近くに丹沢連峰も望める山裾の位置。公園内には展示館、八個の復元された小型の円墳等。以前散策した東海大学の周辺や海老名市に多数みられる中程度の大きさの古墳に比べると、ここ秦野地区には小型の古墳(円墳…
コメント:1

続きを読むread more

相模川左岸史蹟巡り(町内会ウオーキング)(2019/10/5)

 毎年恒例の河原口町内会のウオーキングに参加。今年は相模川左岸史跡巡りと称し、相模川を5㎞程下った社家までの往復の行程。この辺りは、江戸時代大山詣りに関わる史跡が多い。渡辺崋山等も記録を残している相模川の渡し船着き場跡(厚木の渡しと岡田の渡し)など、圏央道工事で見つかった社家宇治山遺跡などがメイン。10月にしては好天で暑い中の行軍で少々…
コメント:0

続きを読むread more

東京都町田地区の遺跡探訪(10/2)

 近隣の遺跡巡りの一環として今回は町田市の三つの遺跡を探訪。小田急線鶴川駅から約2㎞離れたところにある「西谷戸横穴墓群」と「三輪白坂横穴群」と小田急線町田駅から約1.3㎞の所にある「高ヶ坂遺跡」の三ケ所。  鶴見川右岸の山裾に位置する二ヵ所の横穴群は入口が閉じられ内部の様子を見ることは出来ないが、解説書によると内部には鳥や動物の線刻画…
コメント:0

続きを読むread more

箱根芦ノ湖・周辺・小田原散策

 高校の同窓会が箱根で行われた序に元箱根周辺散策と新装なった小田原城周辺を散策した。 元箱根では、成川美術館と箱根神社、静かな成川神社に比べると箱根神社は騒々しかった。残念ながら成川美術館の展望スペースからは富士山は見ることが出来なかった。箱根神社では周りから中国語が聞こえ多数の中国人が参詣しているようだった。 …
コメント:0

続きを読むread more

東京都内散策(2019/9/26)

 渋谷文化村のミュシャ展を鑑賞した後、駒場方面散策。  55年振りの東大駒場キャンパス。懐かしいが既に駒場寮もなく、記憶とはまったく一致せず。それにしても、相変わらず手入れされていないキャンパス。政治色のあるタテカンが見当たらないのは時代の流れでしょうか。  駒場公園では旧前田邸見学。貴族の館はスゴイが維持費が大変だったろう…
コメント:0

続きを読むread more

コーカサス三ヵ国旅行記(8)トビリシ市内観光

 この日はジョージアの首都トビリシの旧市街観光の後、国境を越え三ヵ国最後の訪問国アルメニアに向かう行程。  トビリシ旧市街はムトゥクヴァリ川(ジョージア語、別名トルコ語でクラ川)の左岸の山裾に広がっていた。最初の観光は、右岸の崖上にあるメテヒ教会。工事中のためか内部を見ることは出来なかったが、前庭からの市街地の眺めは良かった。 …
コメント:0

続きを読むread more

コーカサス三ヵ国旅行記(7)トビリシ駅周辺早朝散策

 この日はトビリシ市内観光の後、最後の訪問国アルメニアへの行程だが、この日も早朝散歩で、ホテル近辺のトビリシ駅方向を散策。  地図で確認すると歩いていける程の距離。鉄道のガードと思しき高架線が見えたので広い道を進んで行くと左手に駅舎が見えて来た。階上駐車場のような場所に駅舎の入口のようなものが見えたので近付いたが早朝のせいかどの扉も閉…
コメント:0

続きを読むread more

コーカサス三ヵ国旅行記(6)ジョージア軍用道路付近観光(その2)

前回に続き、ジョージア軍用道路沿いの観光。グダウリのホテルで昼食の後、この日の最終目的地である露紙との国境近くカズベキ村(この村の名前は、革命前はステパンツミダで、近年この名称に戻したようだが、この村出身の19世紀の作家カズベキに因んだカズベキ村と呼ばれているようだ)へ。  途中、左手に巨大なモニュメント、軍用道路の最高地点(標高2…
コメント:0

続きを読むread more

コーカサス三ヵ国旅行記(5)ジョージア軍用道路付近観光(その1)

 この日の行程は、旧都であり大相撲栃ノ心の故郷”ムツヘタ”からロシアへとつながるジョージア軍用道路を北上しロシア国境近くのカズベキ村まで。 <ジュバリ教会>  最初の訪問地はジュバリ聖堂。この先訪れるムツヘタの町の手前の山上の教会。六世紀に建てられたものでジュバリとは十字架を意味し、この国の教会は大体において空か見ると十字…
コメント:0

続きを読むread more

コーカサス三ヵ国旅行記(4)ジョージア観光

 この日は、シエキ(AZ)からシグナギ(GE)を観光してGE首都トビリシまでの行程。  ホテルを出てから二時間弱で国境に到着。国境手前でバスを降ろされ(大きな荷物はGE入国審査場までAZのタクシーで運んでくれた)、歩いて、AZ出国審査・GE入国審査場へ。無事審査を終え、GEのバスに乗車。今回の旅行では、国境はすべて徒歩で越え、夫々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸東京古刹巡り(5)新宿周辺

 東京都美術館に行った序に新宿周辺の古刹を巡ってきた。美術館ではクリムト展(自分は別の展覧会の見学)が開催中で大変な見学者。日本人は絵画好き? 閑話休題。 <太宗寺>  地下鉄新宿御苑前で下車。案内板が無くウロウロしたが何とか、最初の古刹「太宗寺」を発見。この寺は、江戸六地蔵の一つに数えられる銅製の地蔵菩薩像で有名。境内には、「内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more